DIYで直す!サーフボードリペアの作業効率&仕上がりUPのこつ | YIKES LIFE!

DIYで直す!サーフボードリペアの作業効率&仕上がりUPのこつ


がーん!

やられてしまった。。
ボードも、心もぽっかりと大きな傷が。。

と、凹んでいる場合じゃありません。

高価なボードで、中古買い取りをねらっている人は、素直に腕の良いプロショップに持ち込みするのが正解ですが、そこそこ痛みのあるボードはセルフリペアで直しちゃいましょう。

ただ、たまにしかリペアの機会が無い一般サーファーは、作業の段取り間違えたり、削りすぎてやり直したり、ヤスリで手が痛んだり、ラジバンダリ、作業効率が悪く、無駄に時間がかかる事も多いのでは??

そんな私も今回も久々のリペアで大苦戦でしたが、そこで色々と得た気づきをリペアハックとして記します!

レクタ大

こつ1 リペア段取りの問題 レジン硬化時間を攻略せよ

リペア用のレジンが固まるまでの時間を考慮

サーフボードのリペアは1日にしてならず。

週末サーファーにとって貴重な休日ですが、この段取りというやつは、きちんと最初から認識しておくべし。とりあえず削って~塗って~とやっているとあっという間に1日過ぎます。

1日目:ワックス剥がし&削り&樹脂塗り
2日目:樹脂削り整形
(より綺麗な仕上がりを目指すなら)
3日目:ホットコート
4日目:最終仕上げ

つまり樹脂を塗ったあとは24時間以上、固まるまでの時間が必要です。
リペア箇所が数カ所あるなら、1個づつ直していくのでなく、数カ所一気にまとめて工程を進めていこう。

デッキ&ボトムなど、逆サイドのクラック箇所などは、樹脂垂れを心配して、分けて作業を進めがちですが、薄塗り&硬化剤の量&1日目作業終了までの乾燥時間を考慮すれば、1度に作業できちゃいます。(プロはそんな雑なことしない!という事もあるのかもですが、週末サーファーは時間が無いのです。早く海に生きたい!)

こつ2 樹脂の塗り方の問題 後々の無駄工程を極力省く工夫

わりと失敗例

わりと失敗例

ピンクのマスキングテープの上に重なった樹脂や、下にたまった樹脂の削りが、後工程で面倒。マスキングテープの内側に収まるように樹脂を塗るべし。

こつ3 ツールの問題 必要最低限のツールを揃えよ リペアキットでは足りない

樹脂塗り込み過ぎなど、樹脂の削り時間が一番時間を取られる。

電動サンダーに頼ればいいじゃん!という話もあるけども、ちょっとしたリペアだと、サンダーで削るほど大きな面では無く、緻密な作業を求められる場面が多い。

さらに落とし穴。サンディング作業をする自分に酔ってしまうのか。。たいして削れてなくても、見た目には結構削り粕が見えていて、気づけば、あっという間に時間が経ってしまっている事が多い。

プロに言わせれば基本の“き”なんでしょうが、
あら目→中目→細め この順番を徹底すれば、圧倒的に超早い!

そこでオススメグッズを紹介。

まず削りグッズ

  1. カインズの木工用ヤスリセット中目 ¥700くらい

    紙ヤスリ前の荒削りに カインズのヤスリセット

    紙ヤスリ前の荒削りに カインズのヤスリセット

  2. 100均のダイアモンドやすり※上の写真の小さいやつ
  3. サンドペーパー(紙やすり)40、80、100、120、250、320、400

    紙やすり 細かく連番で揃える

    紙やすり 細かく連番で揃える

  4. 耐水ペーパー1000、1500
  5. カー用品売り場にうっているSOFT99のコンパウンドセット

    仕上げ用の液体コンパウンドセット カー用品売り場で買える

    仕上げ用の液体コンパウンドセット カー用品売り場で買える

これら全て購入しても4000円程度。※プロショップでのちょっとしたリペア1所分くらい?

樹脂盛り面を整形したい場合

ノーズやレール部分の盛りすぎた樹脂を削る場合。陥没面に樹脂を塗って盛り上がりすぎた場合など、ヤスリでの削りが困難な場合、フィギュアやプラモデル等のモデラーさんが愛用するルーターを使うと細部の削りだしに使える。

ルーターにジルコニアという先端パーツをつけると魔法の様に削れる。
※紙やすりで指がジンジンしてる私にはとても気持ちの良い動画
ぐりぐり削ってる動画(youtube)
※静芯と、回転数が重要。電動ドライバーの回転数だと辛い。ダイソーにも数百円で買えるルーターがあるが、それだとトルクが弱くてサーフボードリペアにおいてはほぼ意味なし。
楽天で ジルコニア ロータリーバーを探す
楽天で リューターを探す

その他の道具

  • カラー合わせ問題
    水性スプレーを混ぜ合わせて色調整が可能(油性でも問題なしとの話もあり)ただし、色合わせはかなり難しいので難易度は高い。
  • レジン、硬化剤
    カインズ等のホームセンターでも、楽天等でも、サーフボード用のクリアレジンがおかれてます。大中小と缶のサイズがあり、大きいほうがコスパよし。長期保存可能(数年放置すると黄ばむらしい)
  • ガラスクロス
    これもカインズ等で入手可能。建材用の斜めに編みこまれたものでなく、直角にクロスして編みこまれたものを買うべし
  • フォーム
    これはホームセンターに見つからず。サーフショップで買うべし。発泡スチロールでも代用できるかもしれないが、それはサーファー心が許さない(でしょ?)
  • レジン塗るときのビニール手袋
    たいがいのリペアキットには入ってないが必需品。ホームセンターで300円で100枚入りのが買える。
  • アセトン
    それでもレジンが手についてしまったらアセトンで落とす
  • その他、紙コップ、レジンを塗る割り箸のような棒なんかは100均で揃えよう!
  • (追記)クリアファイル!!!これ超便利。詳しくは下記へ

リペア手順 基本の流れ

下準備 水抜き&ワックス剥がし

クラッシュ後水が入っているのであれば、しっかりと水抜きをして乾燥させる。
水が入ったままだと後で黄ばんだり、剥離の原因になる。

  • クラッシュしたらすぐに海からあがる
  • やむを得ず入水する際はテープ等で水が入らないよう徹底する
  • 自宅に持ち帰ったらエアコンの効いた乾燥した部屋に置く
  • ホームセンターや楽天で買える乾燥剤(シリカゲル)を傷口付近に貼り付けておく

ワックスはしっかり落としておく。ついでにここも補修したい!という小キズが後から見つかるので、ワックスはごっそりすべて剥がしておこう。

day1 削り&樹脂塗り

しっかり水抜きできているようだったらリペア作業を開始。
樹脂を塗る部分は、剥がれ防止のため、周辺部を含めて#100程度で削っておく。

方法1:削った部分をフォームで埋める方法

サーフボードリペア下準備

傷がフォームまで達している場合は、破損部分を綺麗に切り落とし、カッターで整形したフォームを埋めて、レールの形状を整えておく。樹脂が上部に載ることを考慮して少し小さめに整形。※ちなみに上記ノーズのキズは、ストリンガーに達して居なかったのでセーフ。ストリンガーに達した場合は、ボード全体に水が回りこんでしまうリスクが高いようなので要注意。

サーフボードリペア ガラスクロスを張る

ガラスクロスを二重、三重に重ねて強度UP。ここに樹脂をしみこませる。

サーフボードリペア用レジン

レジンに硬化剤を混ぜる。100:1を基準に気温に応じて調整。寒ければ数滴追加。暑ければ減らす。紙コップ下部2cm位の樹脂なら3~5滴程。色をつけるならここにカラースプレーをかけてよく混ぜる。

サーフボードリペア樹脂塗りこみ

ガラスクロスに樹脂を染み込ませる。塗り過ぎない、かつ、きちんと浸透するように何度かに塗り分ける。この段階では気づかないけど、後から気泡が生じがちなので、へらでぐいぐい押し込んでおく。※ちなみに、この写真のように下部のマスキングテープ上まで樹脂を塗ってしまうと、あとから削るのが面倒(悪い例)

サーフボードリペア 樹脂を乾燥させる

樹脂がある程度固まったら余分な樹脂はカッター等で切り落としておくと後工程の削りがラクになる。

方法2:樹脂の成型にクリアファイルを使う方法が超便利!(2016/11/30追記)

もっと便利で簡単な方法がありました!

二枚に重なっているクリアファイルの片方だけ剥がし、樹脂を持った後、上からクリアファイルで樹脂を押さえつける。そうすると、ほぼ成型された状態で硬化するので、後工程の削りがかなり楽!樹脂垂れも防げる!

詳しい方法は、横浜にあるスタイリッシュなサーフショップ HOLYSMOKEのブログにて紹介されてました。この方法には脱帽です。。

HOLYSMOKE:リペアスタート

day2 樹脂を削り整形

サーフボードリペア樹脂削り

バー型の中目ヤスリで余分な部分を削りおとし、周囲のレール形状にあわせて形を整える。※この段階でサンドペーパーでは時間が掛かりすぎる

サーフボードリペア樹脂を削り仕上げる

サンドペーパー#400~#100から徐々に細かくする。細かい番号に進むにつれ、ヤスリがけ時間も短くなる。

サーフボードリペア サンディング仕上げ

#400までかけた状態。手触りが違う以外はほぼ完成系まで仕上げる。

8_surfboard-repair_after5

耐水ペーパー#1000、#150。その後コンパウンド7500、9800までかけた状態。パラフィン無しでもここまでツルツルになる。ほぼ未修整部分と同じ手触り。

以上。ワックスを塗り直して、海へGO!

こちらもおすすめ

サーフショップ 等で1500円前後で購入できる「ウェットスーツ リペアキット」を使って、カンタン+キレイに修理するコツをまとめます。...
レクタ大
レクタ大