パノラマ写真で見るバンブー建築 グリーンビレッジバリ | YIKES LIFE!

パノラマ写真で見るバンブー建築 グリーンビレッジバリ

圧倒的な体験すぎて通常の画角では伝えきれないGREEN VILLAGE BALI(グリーンビレッジバリ)のバンブー建築「sunrise house」 。iPhoneのパノラマ写真で紹介します。

green village bali 地下1Fのマスターベッドルームからの眺め

green village bali 地下1Fのマスターベッドルームからの眺め

GREEN VILLAGE BALI(グリーンビレッジバリ)とは?

TEDでのスーパープレゼンテーションでも話題になったインドネシア バリ島にある次世代の学校GREEN SCHOOL「緑の学校」と同じエリアにあり、建築集団IBUKUが手がけた竹でできた村。お金持ちの別荘が大半のようですが、一部施設はAirBnb等で一般人でも宿泊可能。

レクタ大

まるで映画の世界。すべて竹で作られた住居。

竹で編み込まれた吹き抜けの大空間、作り込まれた建具類のディティール、大自然との共生&快適性の両立などなど。CGでしょ?(実際にはありえない)と思ってしまうような空間が、そこにはありました。

バンブーの大屋根のしたに広大な吹き抜け空間がある。中央は宇宙船のコックピットのようなロフトスペース。

バンブーの大屋根のしたに広大な吹き抜け空間がある。中央は宇宙船のコックピットのようなロフトスペース。

左側がエントランス。中央左側にはバンブーで編み込まれた篭れるシアタールーム。奥には大きなダイニングテーブル、ソファが贅沢に配置。右側はオーブン付きキッチン。

左側がエントランス。中央左側にはバンブーで編み込まれた篭れるシアタールーム。奥には大きなダイニングテーブル、ソファが贅沢に配置。右側はオーブン付きキッチン。

単に自然素材で作られたバンブー建築ということでなく、充実したキッチン設備、家の中でさらに篭れるシアタールーム、スキップフロアや、至る所にフリースペースがあったり、住宅デザインとしても素敵な空間です。そこに、大自然の景観や、自然の光の入り方などの工夫があいまって、もうワクワクが止まりません。

心地いい空間デザイン

地下1Fバスルームからの景色。左側には寛ぎスペースがある。

地下1Fバスルームからの景色。左側には寛ぎスペースがある。

地下1Fセンター付近から見たパノラマ。左から、中央の吹き抜けの奥に見えるバスルーム、天蓋付きのマスターベッドルーム、バンブーの節目に囲まれた寛ぎスペース。

地下1Fセンター付近から見たパノラマ。左から、中央の吹き抜けの奥に見えるバスルーム、天蓋付きのマスターベッドルーム、バンブーの節目に囲まれた寛ぎスペース。

思っていたよりも広大で、部屋や階層によって表情が様々です。遊びのスペースがたくさんあります。スイッチや蛇口、洗面台など、センスの良い小物類や建具を観察しているだけでも楽しめます。私は2泊の滞在でしたが、残念ながら建物のすべてを満喫することは出来ませんでした。(なので記念にパノラマ写真を撮り巻くってこの記事に。。)

数箇所あるトイレのうち、アユン川の川音を聞きながら♪森を眼前に用が足せるトイレが、とてもコンセプチュアルでした。

実際に泊まれるバンブーハウス

airbnbで 1泊¥35000程度 ※2013年当時(たしか2泊から滞在可能)だったので、グループや複数の家族で借りたら、かなりお安い。かつ他では中々出来ない超貴重な体験ができます。

ウブドの町中までタクシーで30分もかからない距離なので、観光や買い物、アクティビティなど、家族で行っても楽しめると思います。

最下部から地上の庭に降りることができる。庭にはアユン川を眼前に臨めるガゼボと、プールがある。

最下部から地上の庭に降りることができる。庭にはアユン川を眼前に臨めるガゼボと、プールがある。

庭側から見上げたバンブー建築。

庭側から見上げたバンブー建築。

泊まる方への注意点

  • ガラス製の玄関扉にカギはかかるけど、そもそも壁はありません。周囲が崖なので人が入ってくる心配はなさそうです。
  • 虫や鳥も住人なので糞が落ちてくるのはご愛嬌です。(食事の時はさすがに糞が落ちてこないかヒヤヒヤ。。)
  • 就寝時に虫が気になりますが、ベッドには天蓋が付いているのでばっちりガードすれば大丈夫です。それよりも、一晩たって夜明けがきたら、その素敵な目覚めですべて帳消しです。
  • アクセス面、タクシーの運転手が迷うことがあります。スマホのGoogleMapで場所をしっかり保存しておくことや、乗車前に場所わかるか確認しましょう。

夢のような世界観の建物でしたが、実際にこれを実現している建築集団IBUKUの想像力&創造力をリスペクトして止みません。また、一般人でも手が届く仕組みを提供してくれるairbnbにも感謝です。(ちなみに筆者は中学生レベルの英会話ですが、アプリ1つで宿泊〜決済まで滞り無く出来ました)

自分たちの家造りが中々進まないのは、ここに泊まっちゃったからかもしれないなと思う今日このごろ。このような自由な発想の住宅が、今後日本の一般家庭の住宅にも浸透したら嬉しいなと思います。

オフィシャルサイト
http://greenvillagebali.com/

air bnb
https://www.airbnb.jp/rooms/798483

プロの建築家視点で詳しく書かれている参考記事
すべてが竹で出来ている建築物。インドネシアバリ島にある自給自足のエコヴィレッジ「グリーンヴィレッジ(Green village)」

バリ島 格安航空券を探す

こちらもおすすめ

「いい波」「気楽さ」のバランスが良いサーフトリップ旅先ランキング2017
「旅をしながらサーフィンも愉しむ!」 「まだ見ぬサーフポイントに夢を馳せる!」 「海上がりのとっておきの一皿&一杯&新しい出会い...
レクタ大
レクタ大

シェアする

フォローする