「いい波」「気楽さ」のバランスが良いサーフトリップ旅先ランキング2017 | YIKES LIFE!

「いい波」「気楽さ」のバランスが良いサーフトリップ旅先ランキング2017

Unsplash / Pixabay

「旅をしながらサーフィンも愉しむ!」
「まだ見ぬサーフポイントに夢を馳せる!」
「海上がりのとっておきの一皿&一杯&新しい出会い!
サーファーにとって、とても大切なサーフトリップ、

しかし、

  • サーフボード運搬
  • レンタカー手配
  • サーフガイド手配
  • 一緒にいく仲間や家族との過ごし方
  • など、いくつか面倒なハードルがあります。

いい波を追い求めたいところですが、そんな面倒くさがり視点も交えて、
筆者が過去に訪れたサーフトリップ旅先を勝手にランキングしました。

ご注意:まだまだ行きたくても行けてないディスティネーションが沢山ある未熟サーファーによる勝手ランニングですので、あらかじめご了承くださいm(_ _)m

レクタ大

第1位:奄美大島

なによりバニラエアで、片道¥3980〜から行けるのは、かなりありがたい!

GOODポイント

  • バニラならボードチャージが、事前WEB予約で往復 約1万円弱
  • レンタルボードは、¥4000〜¥5000/day
  • ソフトキャリア付きレンタカー¥4000〜¥5000/day※保険込み
  • 宿の選択肢が豊富
  • 鶏飯、ジェラート、お土産等などグルメもいける
  • とにかく海が綺麗なのでサーファー以外もシュノーケリングなど楽しめる
  • 波が無い時のアクティビティもそれなりにある
  • うねりを外しても、潮の状況でそれなりにサーフィンできる

BADポイント

  • メジャーなサーフポイント「手広」「ビラ」以外は、それなりに距離がある
  • 初心者でも安心なビーチが少ない

関連記事

バニラエア就航 片道¥3980〜の激安で、距離が一気に近くなった奄美大島。 サーフトリップやダイビングに最高のディスティネーシ...

第2位:ハワイ オアフ島(3月頃〜11月頃までのワイキキ)

GOODポイント

  • 何よりメジャーなリゾートで、アフターサーフや、サーファー以外でも楽しめる
  • レンタルボードも安い。day¥2,000前後、1週間だと割引が効いて¥10,000弱
  • 時期を選べばワイキキ側のサーフポイントでも、混雑を避けつつ、いい波に乗れる(つまりレンタカー無しでいける)
  • 3月、11月頃だと優しめのノースショアも狙っていける
  • 郊外やノースのサーフショップなどで、いけてるSURFアイテムに出会える
  • 時期や宿を選べば、ひとり旅や、節約旅も可能

BADポイント

  • 物価が高い
  • 帰りの便が長め

関連記事

ハワイの移動手段といえば、 トロリー レンタカー ザバス レンタル自転車 etc. それ以外に、原...
ハワイのレンタカー、滞在中ずっと借りると 駐車場代も相まって結構高額です。 「気が向いたときだけ、お得に借りたい」 そ...

第3位:バリ(雨季のサヌール側)

雨季が好き、乾季が好きと意見がわかれそうですが、私は雨季のサヌール側が好き

GOODポイント

  • サヌールリーフ、ベビーリーフなど、リゾートホテルから歩いてポイントまでいける
  • ハイアット前のハイアットリーフというサーフショップで、その日のいいところに案内してくれる。ボードもレンタル可能。※たしか¥2,000しない
  • きちんとガイドを雇えば、いい波が割れてるポイントに連れて行ってくれる
  • グルメはもちろん、波のない日はウブドに行ったり観光も楽しい、稀にオージーギャルのトップレスにも遭遇する
  • マッサージが安くて良いところがある!60分で¥2000しない
  • グルメも地元のワルン(食堂)なら激安。個人的にはナシチャンプルの食べ比べが楽しい。

BADポイント

  • ちゃんとしたガイドを見つけないと、一緒に入ってくれない単なるドライバーだったりする
  • サーフガイドも、マッサージも、何にしても、良いところと、悪いところの差が激しい。自分で見る目や、知り合いからの口コミが必要
  • 日差しがかなりキツイ。ハワイと全然違うので日焼け止め必須。
    ※まあこれが良いところでもありますけどね

関連記事

圧倒的な体験すぎて通常の画角では伝えきれないグリーンビレッジバリ。 iPhone6のパノラマ写真で紹介します。

第4位:宮崎(木崎浜〜青島)

GOODポイント

  • 何より飯がうまい!手羽餃子!チキン南蛮!and more
  • JALマイルが使える(キャンペーン狙うと1万マイル程度で往復いける)
  • 青島付近の宿から、送迎を頼めばレンタカーも不要
  • レンタカーGETするば、北は日向、南は日南など、ビーチもリーフも選択肢が豊富!

BADポイント

  • あんまり無いかも。。とても良い場所です。

第5位:南台湾

GOODポイント

  • とにかく台湾の人は、親日でとても優しい!
  • 成田から3時間半程度と近い。
    ※南台湾着いてから、リゾート地のケンティンまでは結構あるけど
  • 飯も安くて美味い!
  • 旅先としても異国情緒溢れて魅力的。街中の神社など。
  • もちろん太平洋からのうねりを拾って良い波、ロケーションも大自然でトリップ感あり

BADポイント

  • サーフガイド、サーフショップ、エアの選択肢が少ない

以上、勝手なサーフトリップ旅先ランキングでした。
サーフトリップもっとたくさん行って、このランキングの精度をあげて参ります!

最後に、いつか世界中をサーフトリップしたくなる、
読んでいるだけでサーフトリップ気分が味わえる素敵な本を紹介。
もう中古しか手に入らないようですが、おすすめです。

南海楽園 タヒチ、バリ、モルジブ・・・サーフィン一人旅 (講談社文庫)

中古価格
¥17から
(2017/5/17 16:36時点)

レクタ大
レクタ大