ジメジメした雨の日は東京の亜熱帯「夢の島 熱帯植物園」へGO!子連れにもオススメ | YIKES LIFE!

ジメジメした雨の日は東京の亜熱帯「夢の島 熱帯植物園」へGO!子連れにもオススメ

出典:ぶらり東京探訪

東京 江東区 夢の島にあるジャングル。

  • 国道357沿いの好アクセス
  • なのに非日常感がバッチリ味わえるレジャー施設
  • 屋根があるので雨の日お出かけにおすすめ
  • キッズコーナーやオムツ替えスペースもあり子供/赤ちゃん連れもok
  • 大人¥250と入館料が激安

何より気軽に”非日常感”がたっぷり味わえます!

レクタ大

東京メトロ 堀北真希の広告ポスター「Color your days.」でも登場したインスタ映えする場所


ちょっと古いですが、東京メトロの広告「Color your days. 」
堀北真希の、まるで東京とは思えないジャングル&’滝のポスターがありますが、
ここに、まさにそのジャングル&滝があります。

この滝、裏に回って滝越しの景色を見ることも出来ます。
まさに非日常体験が出来ます。

¥250とは思えない充実ぶり

ジャングル&滝の他、ドームの天井までつきそうな超巨大な熱帯樹木から、見たことのない花、身近な観葉植物(例えばコチョウランやモンステラ等)が、熱帯性で自生する姿が見れます。その他、ウツボカズラやハエトリソウなどの食虫植物が集まったエリアや、資料映像が見えれう映画コーナーが併設されています。

ところどころ案内看板があり、それを見ながらマイペースに進むも良しですが、土日祝はボランティアのガイドさんによる説明付きで館内を回ることも可能です。最後に観葉植物もお土産として購入できます。

カフェ併設&飲食物の持ち込みOK

熱帯樹林をゆっくり楽しめるカフェがある。持ち込みもOK。予約制のバーベキュー広場も有り。と、至れり尽くせりです。赤ちゃん連れファミリーから、カップルのデートスポットとしても幅広く使えますね。

キッズコーナー「ゆめの部屋」

靴を脱いで入るキッズコーナーがあります。知育積み木の代名詞KAPLAブロックが常設されています。

フォトコンテスト

定期的にフォトコンテストも開催しているようで、施設内に作品が掲示されていました。
カメラ好きの方は被写体は盛りだくさんなのでレンズ持参で行きましょう。

好アクセス。だけど迷わないように。

車でのアクセス

明治通り沿いの信号&青い看板が設置された入り口から入ること。
357沿から入ってしまうと、マリーナの方の駐車場となり、かなり遠くなってしまいます。
※GoogleMapをナビに設定している方は要注意です

駐車場エリアは、 一番奥か一つ手前の階段付近が空いてる&施設にに近いのでおすすめです。

電車でのアクセス

新木場駅から徒歩10分~15分。
ただ入り口に入ってからのルート要注意。夢の島内にはマリーナやゴミ処理場、スポーツ施設、宿泊施設等の複合型なので、迷ってしまいがちです。
事前に夢の島内のエリアマップを確認しておきましょう。
エリアマップ

雨の日にもおすすめ

ただし、駐車場から熱帯植物館までの距離が結構あります。
車で行く場合も傘は必要です。

ちなみにドーム館内は、雨漏りなのか湿気が水滴になったのかかわかりませんが、たまにポタッと水が落ちてきます。

通路は舗装されているので服や靴が汚れたりはしません。
館内は亜熱帯で、温度も湿度も高めですが、汗だくになるほどじゃありません。

江東区 夢の島。ここには何かあると思っていましたが、こんなに充実していたなんて知らなかった・・。国道357沿いなので神奈川、千葉からアクセスも良いので、おすすめです。
東京の身近な亜熱帯で、非日常気分を味わいましょう!


こちらもおすすめ

成田空港から車で20分。北総レジャーのランチなら「恋する豚研究所」へ
素敵なネーミング&クリエイティブで話題のブランド豚「恋する豚」 穴場レジャーの宝庫、北総は香取。 そこの直売所併設のレストラ...
パノラマ写真で見るバンブー建築 グリーンビレッジバリ
圧倒的な体験すぎて通常の画角では伝えきれないグリーンビレッジバリ。 iPhone6のパノラマ写真で紹介します。
レクタ大
レクタ大

シェアする

フォローする