忙しい起業準備。将来性も担保しつつ必要最小限のホームページをスピーディに立ち上げるwordpress✕おすすめテーマCounter | YIKES LIFE!

忙しい起業準備。将来性も担保しつつ必要最小限のホームページをスピーディに立ち上げるwordpress✕おすすめテーマCounter

何かと忙しい起業準備。ひとまずショップ情報、メニュー、地図、問合せくらいのシンプルなホームページを、なるべくスピーディかつ安価に立ち上げたい。

一方、アクセスアップのためにはブログ運営や、従業員でも更新できるシステムにしたい等、将来的な拡張性も担保したい。

そんな起業準備中の忙しい方にオススメのwordpress✕おすすめテーマCounterを利用したホームページ作成手順をまとめます。

レクタ大

この記事で対応できるホームページの機能

開業初期に必要な最小限のホームページ機能

  • 概要、メニュー、地図、問合せフォームの掲載
  • 店舗ロゴや、○○○.comなどの独自ドメインの設定
  • デザイン、ショップの写真/動画掲載などのオリジナリティ
  • PCでも、スマートフォンでも見やすい、重くないシンプルな構成
  • 検索エンジンにひっかかりやすいSEO効果
  • 自分で更新できる仕組み
  • 運営しながら様子を見て改善/更新していきたい

これらのことを下記の構成で実現します。
wordpress(無料)+ wordpress専用テーマcounter(基本無料)

これはあくまではじめの一歩。
下記のような将来性も担保した、
ホームページ立ち上げ~Webマーケティングのはじめの一歩です。

将来的な拡張性

  • Web広告やランディングページを追加する
  • 従業員/アルバイトでも更新できるようにする
  • ブログ運営でさらなるアクセスアップを目指す
  • 複数の自社メディアを立ち上げる
  • 会員制サイトを運営する
  • ショッピングECサイトを運営する

1点だけ注意点。wordpressと専用テーマは無料ですが、
オリジナルドメイン費用 数千円(○○○.com等)や、
Webサーバーの費用 月額 数百円~数千円は有料です。

これくらいの初期投資は、必要経費として見込んでおくべきということです。

将来性を考慮してwordpressを採用する理由

「ちょっとしたホームページが欲しいだけ」といった要望に応える
起業家自身が知識が無くても簡単に無料で立ち上げられる
ホームページ作成サービスは沢山ありますが・・・。

タダより高いものはありません。

次のステップに進む際に「費用が発生する」「それまでに培った労力が無駄になる」などデメリットが潜んでいます。

長期間、継続的にビジネスで成果を出せるホームページを持つには、
表に見える部分以外にも、検索性や更新性など、色々と考えて、実施しておくべき事が多いです。

それらを実現する一歩として世界中の多くの人々に採用されている仕組みが「wordpress」です。
※wordpressに関する情報は多数溢れているのでここでは割愛します

wordpress無料テーマ「Counter」は超シンプル。
だからこそどんな業種にも活用しやすい。

パネルを縦に重ねて1枚のホームページを構成するシンプルなデザインです。

パネルには、オリジナルデザインの画像を設定したり、横幅のサイズ指定、中央寄せ/左寄せなどの位置してい等できるので、他とは違うオリジナリティを表現することが可能です。

基本がシンプルな構成なので、デザインに凝ったとしても、ホームページが重くなったり、複雑化して分かりづらくなったりすることもありません。

パネルごとに、店舗ロゴ、コンセプトイメージ、メニュー、地図(googleMap)等を設置できます。お問い合わせページも別の無料プラグインで簡単に導入できます。

Counterは無料バージョンと有料バージョンの違い

無料バージョンではパネルが4つまで(Heroパネルと呼ばれるメインビジュアルに加えて、別途4パネル)、基本の背景色が白ベースの制限があります。

が、初期立ち上げ時点では無料バージョンで順分です。

無料バージョン活用例

  • heroパネル:ロゴ
  • パネル1:店舗概要
  • パネル2:メニュー/料金表
  • パネル3:地図
  • パネル4:コピーライトや連絡先など

ここに収まらないお問い合わせフォームや、チラシ等のPDFリンク等は別途設けることが可能です。あくまで、TOPページに表示できるパネルの数が4つまで。
ある程度これで運営を続けているうえで「パネルを増やしたい」「色をカスタムしたい」等の細かな希望を実現したい場合は有料バージョン(約50ドル)を導入する選択肢があります。

もちろん有料バージョンは利用せず、もっと希望にFITする、他のワードプレステーマに乗り換えることも可能です。もちろん、これまで登録した情報/データが再利用できる。それがワードプレスの利点です。

まずは独自ドメインと、ワードプレス運営に特化したレンタルサーバーを入手すべし

いくつかのワードプレス特化型のレンタルサーバー/ドメイン取得のサービスがありますが、比較した結果、当ブログでは下記を採用しています。

コストメリットが最も高い点と、サポートの手厚さ、参考になるレビュー記事も多数というポイントが採用の決め手です。

データ量が多くなると重くなるという意見もあるようですが、そこは他サービスでも同じだし、将来的にビジネスが成功してから、お金で解決できる問題。

※エックスサーバーが優れている点は、その他にも多数情報があるのでここでは割愛します

年額(税別)¥1,180~のドメイン取得『エックスドメイン』

WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXクラウド』

レクタ大
レクタ大