WordPressを更新したら pixabayボタンが表示されなくなった時の対処法

Photo by pixelcreatures on Pixabay

WordPressの投稿編集UIが、いつしか大きく変わりました。ブロックエディタ「Gutenberg」です。プラグイン「Pixabay Images」は古くなって動作不安定かつ、そもそもボタンが表示されてません。そこで代替プラグイン「WPC Pixabay」のご紹介と使い方を説明します。

プラグイン「Pixabay Images」の代替は「WPC Pixabay」

WPC Pixabayは、投稿編集画面でボタンを押せば、Pixabayから画像検索→投稿へ挿入が瞬時にできます。「適当な画像を、記事にサクッと追加したい!」という従来のニーズに答えてくれます。

インストール手順

  1. プラグインの新規追加から「WPC Pixabay」を検索してインストール&有効化
  2. プラグイン設定で、Setteingタブで、Pixabay API Key を入力したら設定完了です

Pixabay API Keyの入手方法

  1. Pixabayのサイトにログイン(登録がなければ新規登録※一瞬で終わります)
  2. ここからAPI Keyをコピーするだけ。
    ※Your API key: ~~~~ の所に緑色で塗られたものがそれ

ブロックエディタに「Pixabay画像追加ボタン」が表示されるが、見つけづらいので要注意

WPC Pixabayを有効化したのに、ボタンが見つからない!?と慌てないでください。

投稿画面の右上、設定ボタンの横付近にボタンが追加されてます。見逃しがちな場所にあるので要注意。

なんと、投稿画面の外枠にあります。これまでの感覚からすると、見つけられませんね。

WPC Pixabayの使い方

のボタンでアイキャッチに設定。右側ボタンで投稿エディタに追加。

設定ボタン横のWPC Pixabayボタンを押して、設定タブを表示したら・・・

  1. 検索して画像を探す
  2. 好みの画像が見つかったら、マウスオン
  3. 右側ボタンで投稿エディタに追加。左側ボタンでアイキャッチに設定できる。

基本的にPixabayの画像を直接読み込む形で、自サーバーに画像は取り込みません。一長一短ありますが、$29払ってプレミアムユーザーになると、真ん中ボタンから、画像を自サーバーのメディアライブラリにアップロードできるようです。

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました